スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.01.14 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
  • 0

    運営理事会に出席してきました!

     
    こんにちは〜^^
    あずです。

    昨日は午後6時半より、石川県ユネスコ協会運営理事会に出席してきました。

    運営理事会とは、会の理事の方々が集まり月ごとに報告や企画の方針決定などをする会議です。

    私たち青年部も参加させていただいており、(ちょっと変わった形で)大人の方と接することのできる貴重な機会だと個人的に思っています。エヘ

    議題が多い月、少ない月とまちまちではありますが、皆さん真剣に討論します。
    ユネスコへの熱意が感じられ、・・・イキイキして生きてらっしゃる姿に刺激を受けるんです。
    本業の傍らに協会の活動をやってらっしゃる方や、いくつか掛け持ちして頑張ってらっしゃる先輩(と言ってもいいのかな?)を見るとこちらの士気も高まります。

    だから大好き!



    ちなみに昨日の資料はこんな感じです笑

    昨日の議題をは、
    1、カンボジア寺子屋建設プロジェクト
      3年まえにカンボジアのシェムリアップというところに寺子屋を建てました。
      その寺子屋運営は現地のNGOであるEADC(Educational Association for Development in Cambodia)が行っているのですが、それが順調に進んでいるのか。
      また、運営支援は確実に分配、使用されているのか等々、向こうからの報告や現地へ
      訪問した方々からの意見などを報告してもらいます。

    2、事務所移転について
      現在広阪庁舎(生涯学習センター)のなかに事務所を置いているのですが、
      近いうちに事務所が移転されることになりました。それについて。

    3、寄付金や、募金等について。

    4、書き損じはがきについて

    等など・・・・そして、最後には!

    われら青年部の報告もあるんです♪


    新役員のメンツ★

    左から、代表のユキ
    スタツアチーフのさはら
    会計のきのみん

    今年もがんばるぞーーーー!




    第9回スタディーツアー 写真

     

    2007年 第9回スタディーツアー 

    参加者:すず、はる、だいすけ、やすみつ、しょうご、なるみ、
        たく、ゆうすけ、きん、あず     (計10人)

    スタッフ:あゆみん、うじ、ゆきね (計3人)


    この13人で旅しました★
    楽しくて、おいしくて、辛くて、眠くて、一生懸命で、やっぱり楽しかった旅でした!!




    参加者とスタッフ、それに川畑先生とCYSA(カンボジア高校生グループ)と★
    スタディーツアーはその名の通り、勉強するツアー。
    「何を学ぶのかはその人次第!」
    私はこのツアーに参加して、そんな風に思います。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    ベトナム4泊5日
    訪問都市:ホーチミン市(旧サイゴン)あの”サイゴン陥落”の地。
    街中に建つ中級ホテルに泊まり、近くにあったベンタン市場でお土産を買ったりご飯を食べたり、フルーツを買ったり、たのしく過ごしました。
    訪問団体:FFSC(ストリートチルドレン友の会)、さくら日本語学校



    日本出発当日、空港へ向かう電車の中。
    みんなが持っている段ボールの中には、
    ベトナムとカンボジアの子どもたちへの寄付品(主に文房具)が入っています!!





    ベトナムのFFSCの子どもたちと遊んでいる様子
    ここに来ている子どもたちは、何らかの理由により学校にいっていません。
    ここれ職業訓練をして、手に職をつけ社会にでていくようです!
    詳しくはFFSCのHPへどうぞ!日本語ありです。



    ベトナム・ホーチミン市にある「戦争博物館」。
    無造作に展示されてくるからこそ、ひしひしと伝わってくるものがありました。
    実際に行っていただかないと、分かっていただけないと思います。


    奥に見えるのは高層マンションです!
    では、手前にみえるのは?・・・・・・・、これも立派なお家です。
    高床式のお家。 現在ベトナムの経済は急速に発展を遂げています。
    この写真のように貧富の差がはっきりと表れる情景に出会うことも多々ありました。
    現在のホーチミンはどうなってるのかな?!



    ベトナムの街中の様子。
    道路を渡るのも一苦労・・・・笑
    怖いから・・・と言って道の真ん中で止まってしまったら、引かれるかも知れません!
    ということで、恐れずゆっくりと道を横切ることが大切です。
    バイクの運転手たちの方から避けてくれます!!


    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    カンボジア
    訪問地:シェムリアップ(世界遺産アンコールワットへがある町)
    ミレニアムホテルに滞在し、寺子屋へ通いました。
    もちろん、観光にも行きましたよ〜
    アンコールワット遺跡群、キリングフィールド、ワニ園、クメール織物研究所、
    オールドマーケット、地雷博物館 などなど。


    寺子屋での風景。
    日本から持ってきた物品(文房具)を手にする子どもたち。





    滞在先近くの大学で交流会がありました。
    大学のボランティアクラブのみんなが集まってくれました。




    アンコールワットです。
    これでも十分に美しいですが、本物の美しさにはかないません!!



    はい!こんな風に寺子屋で日本語授業を5日間行いました。
    60分×5日間の授業案を作るのって、結構しんどかったです。実は。
    でも!!実際に子どもたちと交流して、一生懸命準備して良かった―!って
    心の底から思いました★

    授業について、基本は日本語を使いました。(どうしても説明が必要なところは英語→クメール語と2段階通訳)
    例えば画用紙の表に、りんごの絵と「りんご」と書き、裏に見よう見まねでクメール語でりんごと書いたカードを何枚か用意するなど工夫をしました。


    ちなみに!!
    参加者の中で”教職志望者”は一人もいませんでした。
    工学部もいますし、法学部、人文学部等々全員が日本語教育とは縁のない大学生ばかりでした。





    小乗仏教のカンボジア。
    オレンジの服を纏ったお坊さんをたびたび見かけました。





    ある時、太鼓の腕を披露してくれたK先生としょうご★
    日本の太鼓を初めて聞いた現地の方々に楽しんでいただけたと思います。
    最後には、バチを折るというオチまで用意していたK先生!完璧です♪





    寺子屋建設を手伝う先生。
    私たちの親協会となる石川県ユネスコ協会は
    2008年3月にこの地に寺子屋を建設しました。
    9回スタディーツアーでは、まだ建物ができていないときに建設予定地を訪れました★





    2月7日出前授業に行ってきました!

     
    こんにちは!
    報告が遅れましたが、先日某ホテルへ出前授業に行ってきました!!イェィ


    今回の出前授業は、駅前のホテルで開催されている

    未来を紡ぐユネスコ展の特別企画でした★



    ↑ホテル入口の展示会の様子
     分かりやすい! 


    ↑世界遺産や寺子屋(私たちの協会がカンボジアに建てた)の展示もありますよ〜


    今回の出前授業!
    参加してくれたのは、子どもたち約10人★
    兄弟で参加してくれる子が多かったようです。
    中には「無理やり連れてこられた―」とか言う子もいたけど・・・笑
    でも、みんな、最後には笑顔で「ありがとー」「ばいばーい」って



    ↑巨大スクリーンを使って、司会の2人がしゃべっています。

    実は!お子さんを連れてきた〜っていう大人の方の方が多かったです★


    ↑今回、司会進行を務めた2人です。
     1か月前から準備を進めてきました! 
     反省したい点もあったけど、それでも上出来だったと思います
     おつかれさま〜★



     ↑終わった後はケーキをいただきながら、反省会をしました〜
      みんな、前日から詰めていたのでヘトヘト・・・・。
      あま〜いケーキで元気になったかな?!




    平和ぺロジェクト

     
    16:00~18:00 @ 某不動産屋さん2階研修室

    来週末に控えた某ホテルでの出前授業に備えて、
    3週間前から準備を着々と進めております。

    今日はその出前授業のリハーサルのリハーサルでした。



    こんな感じです。

    対象は小学校高学年〜中学生です。

    「このページは写真が多いと思うな。」
    「これ、わかりやすいよね。」
    「その言葉、もっとくだいて言った方がいいよね。」

    みんなで意見を出してこそ、良い作品ができると思います。



    青年部での活動をして、プロジェクターの使い方も分かるようになりました。

    というか、分からないとやっていけません。

    自然に覚えれるものです。


    活躍する場がたくさんあるっていう証拠です★





    今日からはじめます。

     
    はじめまして!
    今日からこのブログ担当となった
    石川県ユネスコ協会青年部 広報 のあずです。

    簡単に自己紹介を。
    金沢学院大学3年生
    石ユ青年部には3年前の大学1年のときから所属しています。
    この団体を知ったきっかけは、第9回スタディーツアーに参加したことです。
    実は前年度まで代表をさせていただいておりました。
    だから、青年部についてはそれなりにわかります^^

    このブログでは、石川県ユネスコ協会青年部の活動をお伝えする場として開きました。
    私の大好きなこのグループをもっとたくさんの人に知ってもらいたい!
    そんな気持ちで(ひとまず)1年間更新をしていきたいと思います。

    どうぞよろしくおねがいします。



    わたしの弟。
    癒し系のミニチュアダックスフンド。
    ドイツ出身だワン。


    ユネスコ憲章〜第1条〜

     

    第1条 目的及び任務

     1.この機関の目的は、
       国際連合憲章が世界の諸人民に対して
       人種、性、言語または宗教の差別なく確認している
       正義、法の支配、人権及び基本的自由に対する普遍的な尊重を助長するために教育、
       科学及び文化を通じて諸国民の間の協力を促進することである。

     2.この目的を実現するために、この機関は次のことを行う。

      (a)マス・コミュニケーションのあらゆる方法を通じて
         諸人民が相互に知り且つ理解することならびに
         この目的で言語及び表彰による思想の自由な交流を
         促進するために必要な国際協定を勧告すること。

      (b)次のようにして一般の教育と文化の普及とに新しい刺激を与えること。
        ・加盟国の要請によって教育事業の発展のためにその国と協力すること。
        ・人種、性又は経済的もしくは社会的な差別にかかわらない
         教育の機会均等の思想を進めるために、
         諸国民の間における協力の関係をつくること。
        ・自由の責任に対して世界の児童を準備させるのに
         最も適した教育方法を示唆すること。

      (c)次のようにして知識を維持し、増進し、且つ、普及すること。
        ・世界の遺産である図書、芸術作品ならびに
         歴史及び科学の記念物の保存ならびに歴史及び保護を確保し、
         且つ、関係諸国民に対して必要な国際条約を勧告すること。
        ・教育、科学及び文化の分野で活動している人々との
         国際的交換ならびに出版物、
         芸術的及び科学的に意義のあるものその他の参考資料の交換を含む
         知的活動のすべての部門における諸国民の間の協力を推奨すること。
        ・いずれの国で作成された印刷物及び刊行物でも
         すべての国の人民が利用できるようにする国際協力の方法を発案すること。

     3.この機関の加盟国の文化及び教育制度の独立、
       統一性及び実りの多い多様性を維持するために、
       この機関は加盟国の国内管轄権に本質的に属する事項に干渉することを禁止される。




    ユネスコ憲章〜前文〜

     前文

     この憲章の当事国政府は、その国民に代わって次のとおり宣言する。
     戦争は人の心の中で生まれるものであるから、
     人の心の中に平和のとりでを築かなければならない。
     
     相互の風習と生活を知らないことは
     人類の歴史を通じて世界の諸人民の間に疑惑と不信を起こした共通の原因であり、
     この疑惑と不信のために、諸人民の不一致があまりにもしばしば戦争となった。

     ここに終わりを告げた恐るべき大戦争は、
     人間の尊厳・平等・相互の尊重という民主主義の原理を否認し、
     これらの原理の変わりに、
     無知と偏見を通じて人間と人種の不平等という教義を
     ひろめることによって可能にされた戦争であった。

     文化の広い普及と正義・自由・平和のための人類の教育とは、
     人間の尊厳に欠くことのできないものであり、
     且つすべての国民が相互の援助及び相互の関心の精神を持って
     果たさなければならない神聖な義務である。

     政府の政治的及び経済的とりきめのみに基づく平和は、
     世界の諸人民の、一致した、しかも永続する誠実な支持を確保できる平和ではない。
     よって平和は失われないためには、
     人類の知的及び精神的連帯の上に築かなければならない

     これらの理由によって、この憲章の当事国は、
     すべての人に教育の十分で平等な機会が与えられ、
     客観的真理が拘束を受けずに探究され、
     且つ、思想と知識が自由に交換されるべきことを信じて、
     その国民の間における伝達の方法を発展させ及び増加させることならびに
     相互に理解し及び相互の生活を一層真実に一層完全に知るために
     この伝達の方法を用いることに一致し及び決意している。

     その結果、当事国は世界の諸人民の教育、
     科学及び文化上の関係を通じて、国際連合の成立の目的であり、
     且つその憲章が宣言している国際平和と人類の共通の福祉という目的を
     促進するために、ここに国際連合教育科学文化機関を創設する。






    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    石川県ユネスコ協会青年部

    石川県ユネスコ協会青年部ロゴ

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 東北遠征 2016.1/9-1.11 パート1
      Kawabata
    • 第15回スタツア 顔合わせ会
      山田
    • 味噌蔵小学校出前☆
      山田
    • 出前授業行ってきました!
      やまだ
    • 【報告】2012年度 中部西ブロックユネスコ活動研究会in氷見
      西村
    • 【報告】2012年度 中部西ブロックユネスコ活動研究会in氷見
      山田
    • 【報告】2012年度 中部西ブロックユネスコ活動研究会in氷見
      あずさ
    • Aネット★
      だまや
    • Aネット★
      西村
    • スタツア会議の報告
      ニシムラ

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    sponsored links

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM